photo

◆交通事故相談

 行政書士は、当事者(加害者または被害者)の依頼に基づいて交通事故に関する調査、自賠責保険や任意保険の請求手続きを行います。また、被害者に代わり、後遺障害の認定に基づく損害賠償金の請求手続等を行います。 
 また、加害者と被害者の双方間で示談が成立した場合は、「示談書」を作成します。


●損保会社の提示した損害賠償金額は、本当に適正ですか?


 損保会社による大規模な「不払い」や「払い渋り」が社会問題になっております。
交通人身事故で重い後遺障害を受けても、専門知識に乏しい被害者は正当な保険金を受け取れず、損保会社の提示された金額で示談を行い、泣き寝入りの状況が伺えます。


  icon 交通障害があるのに納得いく治療ができていない。
  icon 損害賠償の請求手続がわからない。
  icon 払保険会社の休業損害や慰謝料に納得できない。



 当事務所では、適正な損害賠償金が支払われるように、判例に基づく損害賠償金請求のサポートをいたします。場合によっては数千万円の上乗せ請求できる場合もあります。
 まずは、ご相談下さい。
  

 







   交通事故にあったら・・



   ケガの補償



   後遺障害が後で出たとき



   賠償額に納得がいかないときはどうする?




inserted by FC2 system